買い方が選べる宝くじ

ジャンボ宝くじは番号を選んで購入することはできないのですが、
買い方をバラや連番、縦バラというように指定をすることが出来ます。
バラなら番号がバラバラになりますし、連番なら番号はつながっていることになります。
縦バラというのは同じユニットで組数と番号が同じになるようにする方法です。
バラバラだと前後賞や組違い賞といったようなものは狙えませんが、
連番なら前後賞が狙えますし、縦バラなら前後賞と組違い賞もねらえるということもあります。
ただし、縦バラというのは特殊な買い方なので、
大きな宝くじ売り場などでないと対応してくれないこともあるようです。
前後賞と比較すると組違い賞はそれほど大きな額ではありませんから、
無理やり縦バラにする必要性があるかどうかは個人の考え方によるでしょう。
どんな買い方をしても当選の確率というのはかわるものではありません。
ただ、宝くじがまぐれであたるとしたならば、
そのまぐれがおこったときに当選金が高くなるようにしたいというのであれば、
連番や縦バラといったような買い方をするといいのかもしれません。
宝くじが当選した時のことを考えると少しでも当選金が高くなるような買い方をした方がいいような気がしますが、
これか個人の考え方によるところでしょうから、自分が好きな買い方を選ぶのがいいでしょう。
夢の見方は人それぞれです。
どんな夢でもみられるところが宝くじのいいところでもあり、楽しいところでもあります。