宝くじの還元率

一攫千金を狙うのが宝くじのだいご味なのですが、
知っておきたいのは宝くじの還元率というものを知っておいた方がいいでしょう。
還元率というのは集めたお金のうちどれぐらいを当選金として払い戻しているのかということを示したものです。
100万円を集めて50万円を払い戻したら還元率は50%ということです。
宝くじの還元率は約46%ぐらいの還元率となっているようで、
この率は公営ギャンブルである競馬75%と比較してもかなり低い数値ということになっています。
この還元率が低いというのはどういうことを示しているかというと、当たりにくいということを意味しています。
つまりやればやるほど収益が出ないことの方がおおくなるということを示しているわけです。
宝くじで一攫千金を狙うのは夢があっていいのですが、現実は競馬などよりも勝つ確率の低いものだということは知っておいた方がいいでしょう。
宝くじの売り上げのうち、39.8%は収益金として、発売元の地方自治体に納付されています。
ですから、宝くじの当選金に税金がかからないのはこのようなところに理由があるのかもしれません。
既に税金に近い形で自治体にお金がはいっていっているのです。
宝くじを購入している人は一攫千金の夢を見る代わりに税金に近い形でこのようなお金を払っているということになっているわけです。
それでも買わないかぎり一攫千金はないのですから、宝くじの魅力があせることはないといえるのではないでしょうか。