数字選択式宝くじ

数字選択式の宝くじでもかなり当選金になるものもあります。
ロトシックスも当選すればかなりの当選金となります。
ロトシックスは01から43までの数字のなかからすきなものを 6つ選んでその数字の当たった数によって賞金がもらえるというものです。
この宝くじの特徴はキャリーオーバーといわれる当選金の持ち越しシステムがあるところです。
キャリーオーバーが出ている場合は最高4億円の当たりくじとなりますから、
これもかなり夢のある宝くじといってもいいのではないでしょうか。
ある意味ではジャンボ宝くじ以上の一攫千金の可能性を秘めているといってもいいかもしれません。
そして、このロトシックスをすこし小さくしたようなものがミニロトです。
こちらは01から31までの好きな数字を5つ選んでその数字の当たった数によって当選金がきまるものです。
ロトシックスよりも数字の選択幅も選ぶ数も減っていますから、賞金も減ることになりますが、当選確率は上がることになります。
このような番号選択式の特徴は自分で数字を選べるところにあります。
ジャンボ宝くじなどでは数字を選ぶことができませんから、
自分で数字を予想するという楽しみがあるということはいえるかもしれません。
ただ、自分で数字を選んだからといって当選確率があがるものではありません。
確率は確率の問題として、自分の選んだ数字で当たったときの喜びはなぜか達成感のようなものもでてくるでしょうから、
おもしろいところではあります。
数字選択式ではナンバーズといったものもあります。
ナンバーズには三つの数字を選ぶナンバーズ3と四つの数字を選ぶナンバーズ4があります。。